FX比較

トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)のトレード手法の必勝法

FX・株のトレード手法で勝利するためFXトレード・株トレードなどのトレード手法を分析する



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2007-05-17

投資家・タイプ別分類(4)「身のほど知らず型」

自分が持つ資金量をわきまえないタイプです。

これは身の破滅を引き起こしかねない事柄なので、充分注意する必要が

あるのでしょう。「資金量をわきまえない」とはどういうことでしょうか。

たとえば、借金をして株式に投資する、あるいは期限付きの資金、つまり

半年後や一年後に使い道が決まっている資金を株式投資に流用する、など

です。

金利以上に利益をあげることや、期限付きで利ざやをとることは、けっして

やさしいことではありません。

もっというなら個人投資家がこれを実現するには、よほどの運がなければ

難しいと言っていいでしょう。

こんな投資家は自分の「資金量」をわきめていないと同時に、株式投資の

自分の「力量」もわきまえていないということになるでしょう。

信用取引を自分の投資スタイルに取り入れた場合、資金に対するルーズさ

は命取りになります。

「資金」と「力量」の身の丈を心得ること、これは個人投資家にとって

必須課題です。


トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル
スポンサーサイト

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-05-16

投資家・タイプ別分類(3)未練タラタラ型

あの時、買っていたら」、「あの時、売り抜けていれば」と

「タラ・レバ」を繰り返すタイプです。

株価が安かった当時を振り返り、あの時買っていれば〇〇万円も

儲かったのにという後悔であれば、絵に描いた餅です。

実損が出るわけではないのでまだ救われます。

でも、「高値で売っておけばよかった」というのは、往々にして

「高値覚え」で売り時を失い、買値も下回って長期塩漬け状態に

はまってしまうことが多いので、実損は出るは、資金は固定される

はで、ダブルパンチをこうむるというのが多くの投資家が経験して

いる失敗パターンです。

ただし、ここで問題にしたいのは、売るタイミングを失したことでは

ありません。高値で売り抜ける技術はそんなに簡単ではないのです。

プロですらたまにはしくじります。

問題なのは、かつて経験した高値を忘れられず、「いつか戻る」

という根拠のない希望的観測にすがって株を持ち続けている「未練」

なのです。

「未練」は次の行動へ移る判断を鈍らせ、かつ遅らせます。

仮に高値で売りそこなっても、株価は一方的に下げるわけではありません。

何度か戻しを入れながら下げていくものです。

つまり、売る機会は何度もあった訳です。

さらに買値を下回ったら、今度は早めに損切りする決断が必要になり

ます。ところがその損切りがまた難しいのです。

損を確定させるわけですから、誰だって未練が残るしやりたくないもの

です。

現物株だから戻るまで何年でも待とう。このような成り行きで長期の

塩漬け株の一丁上がりとなる訳です。

こんなドツボにはまらせる原因のすべてが、高値への「未練」にあること

をしっかりと肝に銘じておきましょう。

トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-05-12

投資家・タイプ別分類 (2)「一喜一憂型」

株価が10円上がったといって驚喜し、10円下げたといって落ち込む

タイプです。

「欲」と「不安」のおもむくままに行動する性格はなかなか治せるもの

ではありません。

騒いでいるだけならまだしも、いずれは、わずかな値動きで売買を

せずにはいられないところまでいってしまうでしょう。

本来、個人投資家は中長期スタンスで臨むのが無難なスタイルだと

思います。

日々、利ざやを稼ぎ出すのを目的にしているデイ・トレーダー型の

超短期売買はいうにおよばず、短期投資は個人投資家には、時間の

都合を考慮してもリスクが高く向いていないと思います。

(サラリーマンなどの本業に拘束されている時間がありますから)

最近では、プロ並の腕前をもったデイ・トレードで活躍をされている

個人投資家もかなり見かけられるようになりましたが。

いずれにしても、プロの領域と心得るべきです。

もし、どうしてもデイ・トレーダーになりたいと腹をくくっている

方は、周囲の状況に流されない自己売買ルールをもち、トレードに

取り組むべきです。

話は少しそれましたが、個人投資家は相場の大局をじっくりと

見極め、日々の値動きには一喜一憂せず、大きな流れの中で利幅

を取っていくのが理想といえるでしょう。


トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-05-11

投資家・タイプ別分類 (1)「他人依存症型」

誰でもいいから「儲かる株を教えて」というタイプです。

自分では何も価値判断の基準を持っていません。自分で考える材料

すら持ち合わせていません。

したがって、〇〇という推奨銘柄にたどり着く理由や根拠を説明

しようとしても、本人は回りくどい話は聞いても意味がないから

「さっさと儲かる銘柄だけを教えてくれ」となります。

多くの場合、そういう方のもっとも身近に存在するのは証券会社の

営業マンですから、売買は彼らの言うがままです。

そしてこのタイプは、株式投資は自己責任でやるものだという

大原則を知りません。(最近は一昔前よりは、減少はしてきてますが)

したがって損を出すと必ずといっていいほど他人のせいにします。

他人に言われるがままに株を買って売るわけですから、むろん

反省のしようもありません。

「教えてもらった相手が悪かった」。「株屋に騙された」。

「どう責任を取ってくれるんだ!!」。

常にこれで終わりです。

説明するまでもありませんが、ネット取引はこのタイプにはまったく

むきません。お望みの「儲かる銘柄」を教えてもらったとしても、

売買のタイミングを自己判断ができないですから、気がついた時には

絶好の買い時・売り時を逃してしまい、その失敗を転嫁できる相手も

目の前にはいないからです。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-05-09

投資判断を間違った時、損を確定させる勇気をもてるか

損切りは「素早く」という格言があります。

損切りとは、株価が期待に反して下げてしまった場合、買値よりも

下回っていてもいったん手放し、損失を確定させることを言います。

損失を抱えたまま株を保有し続けると、そこに投じた資金を固定

させることになります。

一度下げ相場に入ってしまうと、多くの場合短くても一年、

長ければ数年にわたって底値を這うことになります。

そんなマイナス志向の株を抱えているくらいなら、新たな銘柄に

挑戦した方がましです。そこで予想が違った時は、早めに売って

しまうことを勧めているのです。

また、買値より下回ったまま保有し続けるのは、精神衛生上、

きわめて不健康極まりありません。

いつまで下げるか、どこまで下げるかと、心に重石を載せて自ら

苦しんでいるようなものです。

そこで早めに損切りをして、心の重石は取り除いたほうがいい

と言っているのです。

この損きりは個人投資家が最も苦手とするところです。なんと

言っても、自分の見込み違いが損失という形ではっきりと結果

が示されるわけですから。

自分の投資が失敗だったと認めることです。あるいは、家族に

言い訳しなければならないこともあるでしょう。これは正直、

かなり辛いことですよね。

往々にして、「また戻るよ」という希望的観測を掲げて、損きりの

決断を一日延ばしにする傾向が強いと言っていいでしょう。

自分のお金ですから、気持ちはわからないでもないですが・・・

その結果、長期低迷の身動きが取れない状態まで入り込み、

いわゆる塩漬け株を抱えることになるのです。先ほども触れ

ましたが、これは資金回転率から考慮すると、とても効率の

悪いことになってしまいます。

ですから、このようなことがなるべく起こらないようにする為に

「買い」の段階で「目標を決めて利食い」、「基準を決めて

損切り
」という二つの「売り」の基本をしっかりと頭に叩き

込んでおいてください。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-05-08

投資をした後に利益を確定させる大切さを知る!

古くから「利食いはゆっくり」と言われています。

なぜそう言われ続けてきたかといえば、多くの投資家が株価が上昇

し始めると、あらかじめ目標を明確にしていないために、もっと

上がるという期待と、一転下げたらどうしようという不安のはざまで

悩みます。

その結果、わずかな利幅で慌てて売ってしまうケースが多いこと

からこうした格言が生まれたのでしょう。

株価のパターンは、いくつかの上げ下げを繰り返しながら大きな

上昇相場を形作っていくものです。

短期の値動きに一喜一憂せず、(最近では、デイトレーダーという

手法もかなりポピュラーになってきましたが、基本にある利益確定

の投資判断を明確にしておかなければならない点は同じです。)

株価の大きな流れをしっかり見据えることが大きく儲けるコツだと

教えているのです。

古くからの教えには、必ず反対のものがあります。

自分の相場観を過信し(主に、裁量トレードによる)「まだ上がる」

「もっと利幅を」という欲張り投資家を戒めるものに

「利食い千人力」

「眠れぬ玉は持つな」

という教えがあります。相場がしだいに過熱してくるといつ急落

するか不安で、夜も眠れなくなります。そんな心理状態では適切な

投資判断が下せるわけがありません。

そこで、利益を絵に描いた餅に終わらせないために、早めに利食い

せよと言っているのです。あるいは、保有株の一部を売却して

利益を確定させれば不安心理から解き放たれるので相場に集中

できることを教えているのです。

トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-05-07

個人投資家の盲点・「売り」の技術の欠落は致命的損害!

株式投資で儲けるための基本は「1.安く買って、2.高く売る」ところに

あります。「買い」と「売り」の二つの要素で成り立っていることを、

まずは肝に銘じてください。

個人投資家の多くは、どの銘柄を買うかについておおむね真剣です。

知らず知らずのうちに1円でも安いところはどこかという「買い」の

タイミングを探しています。

ところが、もうひとつの要素である「売り」については、いつ売るか、

いくらで売るかということを、買いの段階でしっかり考えている

投資家は極めて少ないと言っていいでしょう。

「買い」と「売り」に対する認識の差があまりに大きいところが

個人投資家の欠点です。

なぜ、こんな「売り」軽視の姿勢になるのでしょうか。

まず第一に、「いい株を買えば儲かる」という潜在意識があります。

「いい株」とは、どんな銘柄のことを言うのでしょうか?

人気株のことでしょうか?それとも優良株のことでしょうか?

どちらもNOです。必ず儲かる株と言えば、株価が必ず上がる株しかない。

そんな冗談も聞こえてきそうですね。しかし、それも正解ではありません。

仮にそんな株があったとしても売らずして利益は取れません!

正解は「買っただけで儲かる株」はないのです。買値より高く

売らない限り、絶対に利益はでません。

こんな子供騙しのような錯覚に陥っている個人投資家が実は沢山

いるのです。年がら年中買い推奨の狭間におかれている弊害でしょうか?

それとも優良株さえ買っておけば忘れたころに儲かった高度経済成長期の

古きよき時代を未だに引きずっているのでしょうか?

株式投資にあたって、誰もが儲けたいと思って株を買います。

損をしたいと思って株を買う投資家はいません。したがって買う

段階では、ホンの少し不安を抱えながら、絶対上昇して欲しいと

期待しています。

仮に期待通り株価があがったとしましょう。今度はもっと上昇して

欲しいと願うでしょう。その裏腹にここで下げたらどうしようと

いう不安もあります。

反対に期待に反して下げてしまったとしましょう。このまま下げ続

けたらどうしようと心配しながら、いつかまた株価が戻り、買値を

上回って欲しいと願います。

あなたのこの「期待と絶望」「不安と心配」をよそに、実際の株価

は様々な変動要因をおりこみながら勝手に動きます。期待はただの

期待にすぎません。不安もあなたの個人的な不安にすぎません。

投資家が期待しようと不安にさいなまれようと、株価は上げることも

あれば、下げることもあるのです。

わかりきったことは言わないでくれという投資家の声が聞こえて

きそうです。ところが、こんな単純なことを理解していない

投資家が多いと言うことです。

この基本を本当に理解している投資家は、買った時点で、上げたら

どこで利喰って「売り」、下げたらどこで損切りして「売り」と

想定したうえでの投資を行っているのです。そして誰でも欲がある

から期待もするし、不安にもなることも知っているのです。

その狭間にいったん投げ込まれたら、冷静な投資判断が困難な

こともわかっているのです。

上げて欲しいという「期待」や下げたらどうしようという「不安」

と、株を買って売る「投資行動」をしっかり切り離して判断できる

かどうか、ここが個人投資家の最大の難関といっていいでしょう!

トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

サイトマップ
プロフィール

toshi777

Author:toshi777
トレード手法にはその人それぞれに合う
トレード手法というものがあります。

トレンドフォロー・カウンタートレード・
スイングトレード・サイクルを考慮した
トレード手法・デイトレードなど・・・

FXトレードや株トレードをするにあた
りこれが正しいというトレード手法は、
ありません。

トレーダーの人達が有益な利益を上げて
頂けるようにマーケットの謎について、
考えていきます。



人気blogランキングへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村








相互リンク





naotanの部屋






サイトマップラス




Powered by
SEO対策



オートリンクネットとは、リンクの輪が繋がって被リンクが自動的に増えていく、SEO対策、アクセスアップ方法です


オートリンクオートリンクオートリンク
オートリンク
オートリンク



i2iアクセスランキング



2万社以上の実績があるSEO対策サービス

2万社以上の実績があるSEO対策サービス



List Me by BlogPeople


おきてがみ

カテゴリー
最近の記事
FX・株トレード信用No1ブログランキング

最近のコメント
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(05/ 28)
  • サポートラインと持ち合い離れのエネルギーの対峙/ドル・円相場
    toshi777(01/ 03)
  • 時間足・通常のサイクル!緩やかな角度を形成中!
    toshi777(10/ 04)
  • 世界経済減速・世界同時株安・ニューヨークダウも大幅安は予想通り!
    toshi777(10/ 02)
  • ドル・円相場は、下値の堅さ(方向感)を探りつつ小動きで推移している
    yutakarlson(06/ 22)
  • 想定していたサポートラインをスンナリ通過 | ドル・円相場・時間足
    toshi777(06/ 20)
  • 想定していたサポートラインをスンナリ通過 | ドル・円相場・時間足
    ミッキーハウス(06/ 20)
  • FX・株トレード関連相互リンク集
    toshi777(06/ 09)
  • ドル・円相場・僅かながら変化の兆し! | (トピックス)NY金1500ドル乗せ
    toshi777(04/ 20)
  • ドル・円相場・僅かながら変化の兆し! | (トピックス)NY金1500ドル乗せ
    つあ(04/ 20)
  • ドル・円相場(週足・月足)サイクルの歪みと持ち合い崩れによる時間経過
    toshi777(03/ 28)
  • ドル・円相場(週足・月足)サイクルの歪みと持ち合い崩れによる時間経過
    forgotch(03/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(02/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    株の新(02/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(02/ 27)
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
フリーエリア

キーワードアドバイス
ツールプラス






おススメ!
トレード手法を学ぶ!【概要】
【トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)のトレード手法の必勝法ブログの基本理念】 トレード手法の基本中の基本を投資家はしっかりと心の奥深くに刻み込んでおくことがトレードで勝利するための原則・原理です。 結論から言うと、FXにしても株にしてもトレードは誰にでも儲けることはできます。 しかし、それはトレード(投資)においてついつい見落としがちな認識を持った上での話になります。
FX口座開設優良情報
FX・株投資関連優良情報



■FXトレードのピンチの裏にはチャンスも控えています。 パニックにならずに、しっかりと対応して行きましょう そんな時の究極のトレード手法バイブル ↓↓↓↓↓↓↓ 72000円相当のFX無料DVDが完売となりました!! 従ってFX無料DVDの配布は終了しました。

リンク
FX・株トレード関連相互リンク集
RSSリーダー


My Yahoo!に追加

Add to Google

地球環境に優しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。