FX比較

トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)のトレード手法の必勝法

FX・株のトレード手法で勝利するためFXトレード・株トレードなどのトレード手法を分析する



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2007-06-29

「円高」「円安」の株価への影響

円高と円安の局面が顕著に現れた時、株価に対する影響を推測し株価の方向を決定しなければなりません。

「為替」が円高になるとニュース等のコメントでは
「急激な円高」で「株式市場は主力株中心に売られました」などと言うことをよく耳にします。

しかし、その後の株価をたどって見ますと、下げても直ぐに戻るか、それ以上に高くなっているケースが多いのです。

そこで具体的に「円高」「円安」の原因を理解し、その原因によって株価への影響が異なることも覚えておきましょう。

(A)投機的な動きで日本市場にマネーが流入してきていることが原因で「円高」になっている時 → 「株高」

(B)日本経済が、成長過程にあり外国よりも経済の実力が評価されて「円高」になっている時 → 「株高」

(C)外国、特にアメリカ経済が不況でドルが売られることによって「円高」になっている時 → 「株安」

(D)アメリカをはじめ外国の経済が好調でドル買い先行で「円安」になっている時 → 「株高」

(E)政府の「円高介入」によってドル高を是正して
「円安」になっている時 → 「株安」

(F)日本経済が不況で企業業績・財政 等に不安が生じて「円安」になっている時 → 「株安」
となります。

したがって、短絡的に「円高」だから企業輸出が減少して、不況になり「株安」となるとか、「円安」で輸出が盛んになり企業業績が好転するから「株高」になると思うのは慎まなければなりません。

為替変動の内容を良く吟味し、実体を理解して投資の方針を決定することが「株で勝つ」ための基本なのです。


■デイトレ分析表作成マニュアル

トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル
スポンサーサイト

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-06-29

株相場「天井」と「天底」

全体の相場が、現在上昇中なのか下降中なのか、そしてもっと難しいのは「大曲り」といわれる「天井」と「天底」がどこなのかを判断するにはどうしたら良いのでしょうか?

(A)信頼できる簡単なテクニカル分析法

まず一つ目は信頼できるテクニカル分析法を貴方の武器として持つことです。

後述しますが、テクニカル分析法には様々なものがありますが、ここでは導入部分として信頼できる簡単な方法を紹介しておきます。
    
(導入)テクニカル分析

◎まず長期の視点で相場が上向きか下向きかを分析しなければなりません。

週足チャートブックを参考にして26週移動平均線を終値が上回っていることで上昇バイアスが確認できます。

◎逆に週足終値が26週移動平均線を下回っていれば下降バイアスが働いていると判断できます。
これは極めて簡単な判定法ですが、急騰銘柄の分析にはとても重要な条件の一つなのです。

(B)もう一つの資金の動きをチェック

ところでもう一つ、資金の流れで将来の相場の動向を予測することができます。

そのためには、日本の株式市場に大きな影響力を持っている外人(資)からの資金の流れに常に注意を払う事が大切です。

◎ここでとても簡単でありながら、実際の判断におおいに役立つ方法をご紹介します。

それは「寄付き前」の外資系証券会社経由の売買注文の動向を、毎日チェックして記録にとどめておくことです。

続けて記録しておきますと、外人からの資金の流れを肌で感じることができるようになります。

できれば、買い・売りどちらがどれだけ多いかまで記録しておきましょう。

◎これを調べるには下記のサイトが適当です。
(投資レーダー)

記録の方法は貴方の管理しやすい方法でかまいません。ノートに記録してもいいし、エクセルなどの表計算ソフトに記録・計算させるのも良いでしょう。

◎毎日チェックしていると必ず上げ始める前には、「買い残が多くなり」差が買いのプラスの日が多くなってきます。

逆に下げ始める前には、「売り残が多くなり」差が売りの日が多くなってくるので判定がつきやすいです。

とても簡単な方法ですが、確実に相場の方向を測定できますので、佐藤貴史さんが株式投資を行うのであれば、これくらいの努力は苦にならない筈です。

■超短期投資分析表作成マニュアル

トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-06-29

なぜ株が上がるのか?

一般的に言って株が上がる要因として、一番大切なのはやはり企業の業績ということになるでしょう。

その他に、ヒット商品やブーム・将来性・キャッシュフロー・需給・信用残・PER・株式分割など多くの要因が考えられます。

そして、その個別の銘柄を大きな流れで支配しているのが経済的与件というものです。

経済的与件は、経済全体を規定している条件ですから、個別の銘柄(企業)を直接的にも間接的にも支配するものなので、株式投資をする際には絶対無視することはできません。

それでは、経済的与件にはどんなものがあるのでしょうか?

一応列挙してみますと、

○為替
○景気(の循環)
○原油などの商品市況
○金利
○マネーサプライ
○自然現象
○政府の政策

等、まだ色々あります。

株価は、これらが総合的の作用しあって決定されるというのが一般的な見方です。

しかし、佐藤貴史さんが、投資をする際の銘柄選定において、上記の株価構成要素をすべて考慮することができますでしょうか。

株価構成要素に目を光らせて銘柄を選択し、投資するのは神業としかおもえません。

そこで、そんなにたくさんの株価構成要素に注意を払わなくても「これ」さえ外さなければ大丈夫という株式投資の「ポイント」をご理解いただきたいと考えます。

その上で、「投資法」や「分析法」を身につければもう怖いものはありません。

▼全体指標の重要性

(A)全体指標(日経平均やTOPIX)で上昇バイアス
(上昇の力が働いている)か下降バイアスかを正確に判断し(この判定法は後述しますので安心してください)個別銘柄の売買に生かす。

(B)全体相場に上昇バイアスがかかっている時、個別銘柄は基本的に「買い⇒売り」を繰り返して効率よく利益をあげる。

(C)反対に全体相場に下降バイアスがかかっている時は「(信用)カラ売り⇒買戻し」を繰り返して行えば、案外買いよりも利益を出すのは楽です。(信用取引をなさらない方もいらっしゃると思いますが、資金枠いっぱいまで売買せずに、余裕をもって売買すれば安全です。下げ相場のカラ売りを利用しない手は無いといえます。


■デイトレ分析表作成マニュアル

トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-06-11

投資をする時に他力本願にならないようにする

投資というものは、利益の先取りにほかならない。利益をあげるには自分が

他の投資家の財を搾取して生まれるものだから、いつまでも他人に教えられ

た情報でそのまま売買していても、情報の新鮮さもかなり疑わしいもので

あるので、そのおこぼれを頂戴するのが精一杯で、かえってその情報を提供

した大きな資本の力をもった存在にババをつかまされ、尻拭いをさせられて

結局損をこうむることになるのです。

みなさんもよ~く考えてみてください。自分の取り分まで削ってまで他人に

得をさせたがる優れた人間がこの世にはたしてどれほどいるのか。

ましてや、投資をして利益を少しでも多く利益を上げようとお金の亡者が

ひしめきあう市場には、まずそのような神様のような人が存在するのはゼロ

に等しいと考えて頂いてもかまわないです。

敏感な方は既に気がついていると思いますが、大きな資金の力を持っている

大企業・機関投資家・ヘッジファンドなどその他いろいろ・・・・・・・。

社会的にも有利な立場にいる権力者には、小さな資本の力しかない大衆投資家

では正面突破などという無謀な戦略では到底討ち死にというのが定石である

とはっきり認識しておいてもらいたいのです。

ですから、これら大きな資本の力を持っている組織のもたらしてくれる情報

なら、知名度も高く安心だからとまるまる信じてその情報をまるで

「神様からのお告げ」であるかのごとく崇めながら大切な資金を他人の情報に

委ねてしまうようなことだけは避けるようにしましょう。

その結果、小さな資本の力しかない大衆投資家の命の次に大切なお金を大きな

資本の力を有する知名度の高い組織に巻き上げられてしまうことになるのです

から。

この投資の世界の力関係は、封建時代に儒学で士農工商の封建的秩序を維持

するために、支配者が「長幼序あり」や「忠孝」といった教えをあらゆる階層

に浸透させて利用したことによく似ています。

上記したことをふまえて考えると、情報の分析を中心としたファンダメンタル

を重視した投資より、万人が平等に観察・検証のできるテクニカル分析の方が

大衆投資家にとっては戦に望むには有利になると思います。

無論、ファンダメンタルをまったく無視すればいとはけっして言いません。

これらを上手に組み合わせて、自分でしっかりと勉強をして時流に流されない

投資法をきちんと身につけて投資に望むことが大切です。

ただし、闇雲に自己流にのめりこむことだけはさけるようにして下さい。

初めのうちは、先人の賢者が築き上げてきた優れた投資法を自分の脳にできる

だけ沢山インプットして、それらを咀嚼し習得して自分のオリジナルを築き

あげていくべきです。


トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-06-10

『明鏡止水』の心境

◆どんな初心者であっても、投資センスがなくても、
勝者になれる方法があるのです。

それは、『優秀なシステムが出した売買サインにしたがって、淡々とシステ
マティックに投資をおこなうこと』で可能となるのです。

重要なので、もう一度言いましょう。

『優秀なシステムが出した売買サインにしたがって、淡々と機械的に、感情
を入れずに投資をおこなうのです。』


この、『感情を入れずに』ということも極めて重要です。


投資初心者の頃や、負ける続けることの根底にあるのは、
『感情がコントロールできなくなる』ということです。


人は、欲望がともなう相場の世界において、往々にして「興奮したり」
「狼狽したり」「喜んだり」「悲しんだり」心理状態が、不安定になるものです



トレードしている最中の人の血圧・呼吸・脳波・脈拍・発汗・瞳孔などの状
態から自律神経のバランスを測定してみると、平常時と比べ、かなり不安定
な状態になっております。


感情のコントロールが利かない人ほど、さらに、これらの傾向が強くなります。
血圧が上がり、脈は速く、呼吸は浅く、手に汗にぎって、胃は痛い・・・・。


このような、心身が赤信号の状態で、勝てるわけがありません。


『常勝トレーダー』と呼ばれている方々が、安定した成績をおさめることが

できるのは、平常心を保つという点において、特別な存在だからです。


『明鏡止水』の心境
つまり、一点の曇りもないまでに磨き上げられた鏡や静止して揺るがない水面
のような研ぎ澄まされた心境であり、邪念がなく澄み切った心で望むことが勝
者になれる大原則なのです。

人間の感情や心理が相場を決める部分が大きいということは

間違いのない事実です。

参加者の心理が、相場のトレンドを決めているのです。

ですから、どんな優れた、投資手法であっても、この部分をしっかり押さえ
ておかなければ、勝ち続けることはできないのです。

このブログに紹介させて頂いている数々のマニュアルを試していただくことによ


あなたが心理的・精神的にも、経済的にも幸せな投資家になっていただくことで
す。

そして、「明確なトレードルール」と「感情のコントロール」をしっかりと
会得してください。





トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-06-07

よく巷で言われる適正株価とは本当に存在するのでしょうか?

株式市場には正しい株価と言うものはおそらく存在しないと思います。

株価は常に、「買いたい投資家」と「売りたい投資家」の思惑で決まります。

つまり株価は絶対的な基準のもとに計算されるのではなくて、市場で当事者

同士が合意すれば、株価は高かろうが安かろうが合理的な取引価格となるの

です。価格には上限も下限もないので、買い手が数多く手をあげればいくら

でも上昇し、いなければいくらでも下がるということです。

証券会社にしてみれば、株価が上がり続けるのが理想です。そこで証券会社

は誰もが株を買いたくなるような理由を作って投資家にPRする必要がある

のです。経済学者のケインズが「株式投資は美人投票だ」と言ったのは、

まさにこのことを指しています。ようするに証券会社とは、いろいろな企業

のプロダクション的な役割も担っているということです。

証券会社がある企業を「将来はIT革命のリーダーとして大きく成長する」

というPRに成功すれば(芸能人の大型新人を作りだすことができれば)、

その会社の株は上昇するでしょう。しかし、上がり続けるとは限りません。

その大型新人が実は見せかけ倒しということもあります。

それが知れ渡れば人気は一気に引いてしまいます。ライブドアや、かつての

光通信などがその例かもしれません。

証券業界が投資家にむけて用意するのは、PRだけではありません。

買わせる理由付けのためにPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)

などの指標を作ったり、企業のランクつけをしてみせたりするわけです。

むろん、証券会社が悪意をもってやっているわけではありません。株式市場の

基本的構造が生み出す現象なのです。

株価が需要と供給のバランスで決まる以上、絶えず投資家の資金を株式市場

に誘い込み需要を喚起する手段を取り続けねばなりません。

そういう状況の中で一般投資家は上下に動く株価しか見えないために、

証券業界から発信される多くの情報に巻き込まれ、株価に過大な夢と期待

を膨らませていくのです。

株式投資を行う時には、このような株式市場の基本的な構造を理解して

いなければ、証券業界などから流れでる情報に踊らされて大損する結果

になります。

そもそも一般投資家がネット上で得られる情報とは、すでに加工されて

いると考えた方がよく、むしろネット人口が増加すれば投資家の情報操作

のために流される可能性もあります。市場は生存競争の場ですから、甘い

考えや、奇麗事ばかり言っているような人には向いていません。勝ちに貪欲

の人達にとって格好の餌食になるだけです。

極秘の情報ですが、「格付けを引き下げ」て一般投資家に投げさせ、

安くなったところを自分たちは拾う。しばらくして「格付けを引き上げる」

ということによって株価を上昇させ、一般投資家が飛びついたところで

売り抜ける、という話です。

映画の世界のような話ですが、映画のストーリーのネタになる情報というのが

必ず存在する事実を知れば・・・・・・・。

嘘か誠かの判断は皆さんにおまかせします。


トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2007-06-05

投資「1%の勝者に99%の敗者」という現実

株式市場は、資本主義そのもので拡大再生産を基本として成立しています。

株式市場の合い言葉は「将来は高い」あるいは「未来を買う」です。

それ前提に「買い手」「売り手」による取引が毎日絶え間なく続いている

のが株式市場です。

株価の動きというのは、チャートブックを見てわかるように、短期であれ

長期であれ、上昇と下降を交互に繰り返します。株式市場は、下がること

で次の上昇へのエネルギーを蓄積し、上昇は次の下降への序章であると

いった輪廻転生の原理によく類似しています。

この上昇と下降の繰り返しによって生まれる株価のギャップが新たな資金の

流入を促します。これこそが、株式市場のダイナミズムなのです。

ここで忘れてはならないことは、本来、資本主義経済下での資金調達手段

として存在する株式市場は、どんな時でも買い手の存在を必要としており、

利益の分け前を手に入れようとする私達のような投資家の資金によって

成立しているということです。

絶えず、バラ色の夢を掲げ、その夢めがけて突進していく投資家のリスクを

かけた投資こそが資本主義経済を支えているといっても過言ではないのです。

「ネット取引で儲けませんか、自分で情報を探し、こつさえつかめば素早く

簡単に儲けることができますよ」

インターネットの普及と共に、証券会社、株式雑誌、株式評論家のこうした

甘い誘惑は、日に日に増しています。こんな誘いの言葉は、投資家の金を

株式市場に投入させて、間接的に経済を活性化させようという、いわば

必然的な誘惑だと頭に叩き込んでおくべきでしょう。こんなネタ話をすると

各方面から怒られてしまいそうですが・・・・・・・・。

ところが、不思議なことに株で儲けようとする投資家のほとんどが損をして

いるという現実が実際のところです。

「1%の勝者に99%の敗者」が現実の姿なのです。

けっして、自分だけは特別な存在だから株で勝つことができるなどと根拠の

ない自信を抱いて投資の世界にドップリ嵌まり込まないように気をつけて

ください。

投資に臨むときには、自分の投資ルールをきちんと確率した上で投資に臨む

ように肝に銘じておいて下さい。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

サイトマップ
プロフィール

toshi777

Author:toshi777
トレード手法にはその人それぞれに合う
トレード手法というものがあります。

トレンドフォロー・カウンタートレード・
スイングトレード・サイクルを考慮した
トレード手法・デイトレードなど・・・

FXトレードや株トレードをするにあた
りこれが正しいというトレード手法は、
ありません。

トレーダーの人達が有益な利益を上げて
頂けるようにマーケットの謎について、
考えていきます。



人気blogランキングへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村








相互リンク





naotanの部屋






サイトマップラス




Powered by
SEO対策



オートリンクネットとは、リンクの輪が繋がって被リンクが自動的に増えていく、SEO対策、アクセスアップ方法です


オートリンクオートリンクオートリンク
オートリンク
オートリンク



i2iアクセスランキング



2万社以上の実績があるSEO対策サービス

2万社以上の実績があるSEO対策サービス



List Me by BlogPeople


おきてがみ

カテゴリー
最近の記事
FX・株トレード信用No1ブログランキング

最近のコメント
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(05/ 28)
  • サポートラインと持ち合い離れのエネルギーの対峙/ドル・円相場
    toshi777(01/ 03)
  • 時間足・通常のサイクル!緩やかな角度を形成中!
    toshi777(10/ 04)
  • 世界経済減速・世界同時株安・ニューヨークダウも大幅安は予想通り!
    toshi777(10/ 02)
  • ドル・円相場は、下値の堅さ(方向感)を探りつつ小動きで推移している
    yutakarlson(06/ 22)
  • 想定していたサポートラインをスンナリ通過 | ドル・円相場・時間足
    toshi777(06/ 20)
  • 想定していたサポートラインをスンナリ通過 | ドル・円相場・時間足
    ミッキーハウス(06/ 20)
  • FX・株トレード関連相互リンク集
    toshi777(06/ 09)
  • ドル・円相場・僅かながら変化の兆し! | (トピックス)NY金1500ドル乗せ
    toshi777(04/ 20)
  • ドル・円相場・僅かながら変化の兆し! | (トピックス)NY金1500ドル乗せ
    つあ(04/ 20)
  • ドル・円相場(週足・月足)サイクルの歪みと持ち合い崩れによる時間経過
    toshi777(03/ 28)
  • ドル・円相場(週足・月足)サイクルの歪みと持ち合い崩れによる時間経過
    forgotch(03/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(02/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    株の新(02/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(02/ 27)
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
フリーエリア

キーワードアドバイス
ツールプラス






おススメ!
トレード手法を学ぶ!【概要】
【トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)のトレード手法の必勝法ブログの基本理念】 トレード手法の基本中の基本を投資家はしっかりと心の奥深くに刻み込んでおくことがトレードで勝利するための原則・原理です。 結論から言うと、FXにしても株にしてもトレードは誰にでも儲けることはできます。 しかし、それはトレード(投資)においてついつい見落としがちな認識を持った上での話になります。
FX口座開設優良情報
FX・株投資関連優良情報



■FXトレードのピンチの裏にはチャンスも控えています。 パニックにならずに、しっかりと対応して行きましょう そんな時の究極のトレード手法バイブル ↓↓↓↓↓↓↓ 72000円相当のFX無料DVDが完売となりました!! 従ってFX無料DVDの配布は終了しました。

リンク
FX・株トレード関連相互リンク集
RSSリーダー


My Yahoo!に追加

Add to Google

地球環境に優しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。