FX比較

トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)のトレード手法の必勝法

FX・株のトレード手法で勝利するためFXトレード・株トレードなどのトレード手法を分析する



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-06-27

ニューヨークダウは、再び正念場を迎えています


ニューヨークダウは、今後更に下落をしていくのか、それともこの辺りでしばら
く横這うかの正念場にきているようです。


この段階で短期的に大きな下落を起こし、9757.55のポイントを下抜いてくるよう
だと、週足において三尊天井を形成してしまうことになりますので、これからま
たしばらくの間、大きく下値を探りにいくような展開になることも起こることに
なると思います。


もしそのようなことが起こるようであると、やはりドル円相場も、最近弱気にド
ルが推移しているような状況が継続していますので、以前から心配している上げ
ねじれの現象が起こることも可能性としては高い確率で発生することも考慮すな
ければならないことになると思います。


それにしても、ニューヨークダウ週足の現在の形は、見れば見るほど危ない雰
囲気が漂っていますね。


先週まで横這いをかろうじて見せていた26週の移動平均線も、きもちやや下向き
になりつつあるところにもってきて、そこへ既に下向きになっている13週移動平
均線が上から26週の移動平均線に迫りつつあります。


この状態が延長されていけば、確実にデッドクロスを引き起こしそうな雰囲気さ
えも漂わせています。


まさに、現在の世界経済のしくみが底知れぬほど破綻しまっているのを感じさせ
てくれています。


まぁ、それでも2007年10月19日の最高値の14118.52からの下落からみればとりあ
えずは今回の上昇で半値戻しは達成していますので、余程のことが起こらない限
りは、8000ドル台を下抜くことはないと見ていますが、相場ですからそれについ
ては断言は出来かねます。


とにかく、現在の相場は様々な面でしっかりと気を引き締めていかなければなら
ない状況が継続していくだろうなと感じています。


本日も、最後までお付き合い頂きまして心から感謝しています。


それでは、皆さんのトレードの成功を心から願いつつ、本日の記事とさせてもら
います。



トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)トレードの必勝法
スポンサーサイト

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2010-03-21

ニューヨークダウと日経平均株価の堅調さが持ち合い状況のドル円に及ぼす影響は?


ニューヨークダウ日経平均株価共に、値を大きく崩すことなく徐々に下値を切り
上げつつ、ほぼ順調に推移しています。


チャートの形だけで判断するとすれば、ニューヨークダウ日経平均株価共に上昇
へ向かうための準備が整ったという感じに見えます。


特にニューヨークダウは、以前にお話させてもらいました、連続するローソク足
中心を貫く中心ラインの基道まで、押しを入れたローソク足が回復してくれば、そ
トレンドは継続すると述べましたが、ほぼその位置まで回復をしてきています。


日経平均株価の動きも、時間的な面からみると現在の値位置からもう少し上昇して
から短い期間で横ばうか、あまり深くない押し目を入れてから再び上昇していくよ
な、チャート構成になってきています。


このニューヨークダウ日経平均株価の動きから、思い切った推察をすると、ドル
円相場
の現在の持ち合い状況は、何か予想だにしない外部環境の悪いニュースが出
ない限り、持ち合い相場ドル高方向へ離れていく可能性が高そうです。


もっとも、ニューヨークダウ日経平均株価が逆に為替(ドル円)相場の動きに左
右されるものであるといってしまえば、この推察はまったく意味のないものになっ
てしまいますが・・・


しかし、ドル円相場の長い下落トレンドから何とか脱しようとする現在の下値の堅
い(上値も重たいですが)揉みあい状況を考えると、今回のこのニューヨークダウ
日経平均株価の両者の比較的強い動きが通常の相場の連鎖とは違い、極端に偏っ
てしまっているドル円相場に、ある程度正常な空気を吹き込んでくれそうな気がし
ています。


もっとも、これは日本の今後の実態経済の先行きの心配をした、個人的な感情も含
まれた推察になっている部分も多々ありますので、あまり参考にならないかもしれ
ません。


というより、相場の動きをこうして推察すること自体が、あまり好ましいことでは
ありません。


推察をする事により、先入観がどうしてもつきまといますから、相場の動きに素直
に反応できなくなる場合も出てきますので、トレード初心者の方々は、何かの推理
小説を読んだと言う程度に留めておいてください。


相場の基本は、あくまでも相場の動きに素直に従い、その動きに乗ることです。


本日は長い相場小説に最後までお付き合いしていただけましてありがとうございま
した^^



トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)トレードの必勝法

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2010-03-18

売買ルールがトレードで上手く機能しないと感じたら


相場目先の短い期間だけを見て売買していると、一般的に知られているトレードの
売買のルール
などが適応されないことが起こります。


特に誰にでも分かりやすい動きとしてよく目にするものに、トレンドラインを上げに
しても下げにしても一時的に大きく飛び出し、トレンドをあたかも転換させたかのよ
うに見せて再び元の基道に戻るといった動きなどは代表的なものになります。


いわゆる【だまし】と呼ばれるものですね。


そうした動きに翻弄され、自分のトレードが上手くいかない状況が継続してしまうと、
ほとんどの初心者トレーダーの方々は、相場の動きがまったく読めなくなってしまう
パターンが多いと思います。


けっして全ての初心者トレーダーの方がそうだとは言いません。けれどそういった人
が多いからこそ、相場で生き残れる人の割合のほうが少ないというのが現実だと思い
ます。


そのような状況が繰り返されていくうちに、トレーダーは冷静さを失い、買わなくて
もいいところで買ってしまったり、売らなくてもいいところで売ってしまったりしな
がら、損失をどんどん膨らませていくことになります。


そして、やがて相場の世界から・・・。


ということにならないためにも、売買のルールが上手く作動しない時には、ひとまず
(大きく深呼吸をして、まぁ、これはしてもしなくてもいいのですが^^)
冷静になり、現状でトレードに用いている、チャートよりも長い時間のチャート
レンド
が、どちらの方向へ力が働いているかを確認してみることが大切です。


トレンドは、小さなものはそれよりも大きなトレンドにより支配されていますから、
それを把握することで、何故自分がしていたトレードの売買ルールが上手く機能し
ていなかったかが、これを確認することで、把握できるようになります。


これにプラスして、おおよその各チャートのリズム(いわゆるサイクル)を読めるよ
うになると、さらにトレードで売買のルールの適用が楽になります。


相場トレードで迷路に迷い込んだ時に気が向いたら、ぜひ参考にしてみてください



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2010-03-16

相場に小さな変化の兆しが増えつつあります


ドル/円相場は、昨日サイクル的に見ると、何らかの変化が起きてもおかしくない時間
帯に差し掛かっていますと申し上げましたが、やはりサイクルを形成するために一つ
の節目を取りにいきました。


あの状況からの下げねじれも期待はしていたのですが、現在の相場自体が過熱してい
る状況でもないので、定石通りの動きをしたという感じです。


以前は下落が始まるとかなり深い下げを見せていましたが、今回の下落はそういった
感じはやや影を潜め、下げ幅も下げ始めが少し大きかったものの、その後はジリジリ
下げるといった感じでした。


この下落の動きだけを観察しても、以前の下げ圧力に変化が起き始めていることを見
てとることが出来ます。


こういった状況や以前の記事の中でお話させて頂きました、日足週足などの底堅い
様子などを合わせてみると、やはり相場のトレンドに変化の前兆を感じることが出来
ます(ただし、絶対ではありませんが)


現在のドル/円相場の状況は、昨日の下落から大きく立ち上がり、下落前の値位置にま
で戻ってきています。


これも、この間までの相場では見られなかった動きです。


こういった小さな変化を重ねつつ、相場の流れは舵を切って行きますので、大切なポ
イントを見落とすことの無いように、注視していきましょう。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2010-03-14

【だまし】に遭う確率を下げる


相場において短期のチャート上(日足・時間足・分足など)の目先の急激な値動きに
翻弄されて、本能的に反応して飛びつき買いをしてしまい、【だまし】にあった経験
をもつトレード初心者の方々はけっこういると思います。


こうした経験をもつトレード初心者方々が、なによりもまず把握しておいてほしいこ
とは、現在の相場の大きなトレンドがどのようになっているのかということを認識す
ることが大切になります。


そんな当たり前のことは言われなくてもわかっているという声が聞こえてきそうです
が、人間の意志とは本当に弱いもので目先の相場の値動きが急激に上昇したりしてし
まうと、ついついそれ【だまし】につられてしまうものです。


特にトレード経験の浅いトレード初心者の方々であればなおさらのことです。


では、そういう行動を未然に防ぐためにはどのようなことをしておけばよいでしょう
か?


これは、もうあえて言う必要がないほど当たり前のことなのですが、この機会に再認
識してもらう意味も込めてあえて言わせてもらいます。


その当たり前すぎる【だましを避ける】こととは、週足月足などの中長期のチャー
が示しているトレンドを把握して(常に頭に入れて)おくことです。


多くのトレード初心者の方々は実際に相場と向き合うと早く儲けたい・稼ぎたいとい
う気持ちが先走り意外とこのことをおろそかにしてしまいがちです。


しかし、相場において【だまし】の確率を下げたければ、ぜひこれからはこれを習慣
化しておくことをおすすめします。


これらのチャートを頭に入れて相場に参加しているると、日足時間足などで急激な
動きを見せても、中長期のチャート抵抗帯支持帯などが把握できていますから、
値動きに翻弄されずに冷静に対処ができます。


例えば、急激に上昇はしたけれど、大きなトレンドに現れているあの抵抗帯を越えて
こなければ、再び再落してくる可能性があるから、そのポイントを見極めてから出動
しよう、という感じで自分の本能をコントロールできるようになります。


ところが、全体の大きなトレンドの把握が出来ていないと、値が伸びきったところで
買ってしまったりすることにもなりかねません。というか人間の心理的なものがそう
させてしまうことが実に多いものです。


だから、よくこんな言葉を耳にします。


「自分が買った途端に値が下げ始める」

だまし


どうですか相場に携わる方であるなら一度は耳にしたことがありませんか?


少し話が逸れてしまいそうなので、本題に戻ります。


というわけで、長々と説明させてもらってきましたが、相場トレードをするにあた
って、最も簡単に単純に誰にでも出来るだまし】にあう確率を下げる方法として、
中長期の相場のトレンドを常に頭に入れておくことの大切さを説明させて頂きました



本日も当たり前のことをお話させてもらいまいたが、以外に軽視されがちなことでも
ありますので、あらためて意識するようにしてみてください。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2010-03-13

サイクルが下げ(上げ)ねじれた時の相場の大きな値幅変動


相場には時間によるサイクルが存在していることはこのブログでも何度もお話させて
頂いています。


そのリズムは、いつもまったく同じように一定していると言うわけにはいきませんが
、ほぼ似たようなリズムを形成して相場の動きを支配しています。


その動きはチャートからそのサイクルを探し出すつもりで観察していれば、トレード
に取り組んでいる方であれば誰にでも読み取ることができます。


別に投資に対して特別な才能が必要ということはけっしてありません。


大切なことは、チャートの中に現れるその動きを探そうとする気持ちがあるかないか
だけのことです。


前置きが長くなってしまいましたが、本日はそのサイクルの下げねじれから起こる、
株式相場為替相場・或いは商品相場大きな値幅変動について少し触れてみたいと
思います。


ある上げ下げのサイクルを刻んでいた相場の動きが、あるとき下げて底を取りに行く
時間に至っても、一瞬下げるようなフェイントは見せるのですが、実際には下げない
で、そこから大きく上昇を見せる時があります。(N字型の上昇もその仲間に分類で
きるものです)


このときの上昇力上昇幅は平均してほとんどが大きなものになりがちです。


なりがちと書いたのは、やはり相場と言うものに絶対ということはないのでそのよう
な表現を用いさせてもらいました。


しかし、下げねじれが実際に起きた時には本当に目を見張るような上昇を見せてくれ
ます。


もう一度言います。


【下落する時間にきても下落せず、そこからねじれて上昇する】


この動きを発見できた時には、大きな利益を出せる可能性がありますので、トレード
初心者
の方々も覚えておくと便利です。


その逆もしかりで、上げねじれより起こる下落もまた、大きな値幅の変動があります
ので、売りで入ってチャンスとすることもいいですし、また売りをされない方々は、
トレード資金相場から引き上げる大切なポイントとなります。


ただ、下げねじれ上げねじれも、他の売買の法則と同様に、絶対的なものではあり
ませんので、その時の見極めは、ある程度の経験が必要になってきます。


私も、もう少し詳しく説明したいのですが、その辺の微妙な変化を言葉に現すことは
非常に難しいものなので、大まかな概要で留めておきます。


しかし、きちんと観察すれば誰にでも出来ることです。


身に付けるとけっこう強い武器になりますので、自分の技の中に取り入れたいという
方は、ぜひあきらめずに使いこなせるようにしてみてください。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

2010-03-12

相場における売買の圧力をシンプルに調べる


相場の流れの変化を見分けるとてもシンプルな方法に本当に極わずかなトレード資金
売買してみるというものがあります。


これは、買い圧力売り圧力を調べたい時に非常に便利な方法になります。


そんなことをわざわざしなくても、ローソク足の長さ本数または値幅などを観察す
ればわかるじゃないかと言われそうですが、人間には自分の考えていることが正しい
とひいき目に見てしまうところがありますので、その辺がなかなか思い描いているよ
うには運びません。


それこそ、トレンドがはっきり現れている時であれば、それでも充分に売買の力の強
は計れるのですが、上げようとしているのか、下げようとしているのかはっきりと
見分けがつかない時には、先程の方法がとても有効に使えます。


例えば下落が始まりかなり時間が経過して、相場の動きが迷いを見せこれから更に下
げようかそれとも上げに転じようかという感じの動きをしている時に、チャート上に
上げのサインが現れたとします。


時間もかなり経過していますので、そのサインに従い買ってみる事にします。


ところが、その後、上値に何度かトライはするものの、あまり上には伸びることが出
来ずに、再び下値を始めます。


このとき、上げに要していた時間ほどかからないうちに、スルスルと短い時間で先程
の上げ値幅よりスムーズに下落をしてくれば、まだまだ下げ圧力のほうが強いと判断
できます。


これは当たり前のことのように感じるかも知れませんが、その当たり前のことが、こ
の方法を使うともっとリアルに確実に体感できます。


この感覚はただチャートを眺めているだけでは流れの変化をリアルに実感出来ません。


特にトレード初心者の方々には相場の流れの変化をつかめるようになるとても簡単な
方法ですので、無理にとは言いませんが試してみてもいいと思います。


ただし、あくまでもご自分のトレード資金負担のかからない量トレードするよう
にしてください。


本当に微妙な相場の流れの変化をつかむための、指標にするためのものですから。


ちなみに、売りの場合はその逆のことをすればいいだけですので説明は省略させても
らいます。


気が向いたら是非活用してみてください。



トレード手法を学ぶ!FX・株トレードの必勝バイブル

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

サイトマップ
プロフィール

toshi777

Author:toshi777
トレード手法にはその人それぞれに合う
トレード手法というものがあります。

トレンドフォロー・カウンタートレード・
スイングトレード・サイクルを考慮した
トレード手法・デイトレードなど・・・

FXトレードや株トレードをするにあた
りこれが正しいというトレード手法は、
ありません。

トレーダーの人達が有益な利益を上げて
頂けるようにマーケットの謎について、
考えていきます。



人気blogランキングへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村








相互リンク





naotanの部屋






サイトマップラス




Powered by
SEO対策



オートリンクネットとは、リンクの輪が繋がって被リンクが自動的に増えていく、SEO対策、アクセスアップ方法です


オートリンクオートリンクオートリンク
オートリンク
オートリンク



i2iアクセスランキング



2万社以上の実績があるSEO対策サービス

2万社以上の実績があるSEO対策サービス



List Me by BlogPeople


おきてがみ

カテゴリー
最近の記事
FX・株トレード信用No1ブログランキング

最近のコメント
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(05/ 28)
  • サポートラインと持ち合い離れのエネルギーの対峙/ドル・円相場
    toshi777(01/ 03)
  • 時間足・通常のサイクル!緩やかな角度を形成中!
    toshi777(10/ 04)
  • 世界経済減速・世界同時株安・ニューヨークダウも大幅安は予想通り!
    toshi777(10/ 02)
  • ドル・円相場は、下値の堅さ(方向感)を探りつつ小動きで推移している
    yutakarlson(06/ 22)
  • 想定していたサポートラインをスンナリ通過 | ドル・円相場・時間足
    toshi777(06/ 20)
  • 想定していたサポートラインをスンナリ通過 | ドル・円相場・時間足
    ミッキーハウス(06/ 20)
  • FX・株トレード関連相互リンク集
    toshi777(06/ 09)
  • ドル・円相場・僅かながら変化の兆し! | (トピックス)NY金1500ドル乗せ
    toshi777(04/ 20)
  • ドル・円相場・僅かながら変化の兆し! | (トピックス)NY金1500ドル乗せ
    つあ(04/ 20)
  • ドル・円相場(週足・月足)サイクルの歪みと持ち合い崩れによる時間経過
    toshi777(03/ 28)
  • ドル・円相場(週足・月足)サイクルの歪みと持ち合い崩れによる時間経過
    forgotch(03/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(02/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    株の新(02/ 28)
  • ドル安方向への進行が重要な時間帯とポイントを迎えつつあります | トレード手法
    toshi777(02/ 27)
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
フリーエリア

キーワードアドバイス
ツールプラス






おススメ!
トレード手法を学ぶ!【概要】
【トレード手法を学ぶ!FX・株(相場)のトレード手法の必勝法ブログの基本理念】 トレード手法の基本中の基本を投資家はしっかりと心の奥深くに刻み込んでおくことがトレードで勝利するための原則・原理です。 結論から言うと、FXにしても株にしてもトレードは誰にでも儲けることはできます。 しかし、それはトレード(投資)においてついつい見落としがちな認識を持った上での話になります。
FX口座開設優良情報
FX・株投資関連優良情報



■FXトレードのピンチの裏にはチャンスも控えています。 パニックにならずに、しっかりと対応して行きましょう そんな時の究極のトレード手法バイブル ↓↓↓↓↓↓↓ 72000円相当のFX無料DVDが完売となりました!! 従ってFX無料DVDの配布は終了しました。

リンク
FX・株トレード関連相互リンク集
RSSリーダー


My Yahoo!に追加

Add to Google

地球環境に優しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。